法人紹介


ふくしネットにいざとは

障害があっても地域で共に暮らすために、障害者の自立をめざします。

私たちが考える自立とは、障害者が受身的にサービスを提供されるのではなく、障害者自身が社会参加をしている意識が持てるように暮らしていくことです。
現在、障害者はひとり一人にあった支援を求めています。継続的な支援のためには、公的サービスの隙間を埋めるような助け合いに協力してくれる顔見知りを増やすことです。
ふくしネットにいざは、そんな地域の助け合いを応援する拠点の一つ。障害者の自立を支援し、ここで生きる人たちが皆、暮らしやすい地域をつくっていきたいものです。

 

 

 

ふくしネットにいざが目指すもの


 平成17年4月、「共に暮らすための新座市障がい者基本条例」がスタートし、「障がいのある人もない人も誰もが一緒に暮らせるまちをめざして」が示されました。そして、「第5期障がい福祉計画」が策定されました。また、「障害者総合支援法」においても①「新たな地域生活の展開」②「障害者のニーズに対するよりきめ細やかな対応」③「質の高いサービスを持続的に利用できる環境整備」が改正のポイントとなりました。ここには、「地域福祉」という観点が示されています。
 この理念を受けつつ、「ふくしネットにいざ」においては「共に暮らすこと」「障害者の自立」「就労」を具体化するための取り組みが求められています。そのためには、利用者自身の自助資源(本人が持っている力)を活かすことが必要です。また、人と人との関係性の中での変化も重要な視点となります。
そして、よりよい支援を行うためには「支援シート」を活用し、利用者のライフステージを見通した支援の継続性が求められます。さらに、支援対象者である利用者のリソース(資源)を効果的に活用することも必要な観点です。(*リソースとは支援を必要とする利用者を援助するための人的環境や物的環境、または利用者自身の持つ援助につながる力のこと)
 また、障害者に関する状況の変化もあります。一つはICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)が、人間の生活機能と障害の分類法として、2001年5月、世界保健機関(WHO)総会において採択されたことです。この特徴は、これまでのWHO国際障害分類(ICIDH)がマイナス面を分類するという考え方が中心であったのに対し、ICFは、生活機能というプラス面からみるように視点を転換し、さらに環境因子等(本人に原因を求めるのではなく環境の影響を考える事)の観点を加えたことです。 
次に「障害者の権利に関する条約」の批准(2014年1月)があります。この条約の前文では「障害が発展する概念であることを認め、また、障害が、機能障害を有する者とこれらの者に対する態度及び環境による障壁との間の相互作用であって、これらの者が他の者との平等を基礎として社会に完全かつ効果的に参加することを妨げるものによって生ずることを認め」とあるように障害を社会との関係性のなかでとらえることやアクセスビリティ(誰にとっても利用しやすいこと、近づきやすいこと)との問題を示しています。
また、「教育に関する規定(第24条等)」では「インクルーシブ教育制度(inclusive education system)」と「合理的な配慮の提供(reasonable accommodation)」が示されています。また、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」がこの条約を支える国内法として2013年6月に制定され、2018年4月に施行されました。これらの条約や法に沿って地方行政においても取り組むことが求められています。
 障害があっても地域で共に暮らすためには、福祉サービスを受け身で提供されることではなく、障害者自身が社会参加していく意識を持てるように暮らしていくことです。
 そのためには、「教育」「福祉」「医療」の連携・協働も必要となります。特に「教育」では、「障害者」を「理解」するのみではなく、「共に生きること」を基本とした福祉教育・人権教育が求められます。
 これらの取り組みにおいて障害者も高齢者も地域に生きる人たちが「共に生きる地域生活」、「地域福祉の具現化」につながることを目指すものです。

代表理事 井ノ山 正文

法人概要

当法人は2つの事業を行っております。

①新座市地域活動支援センター事業  

   障害者地域活動センター「ふらっと」

②介助コーディネート事業  

   介助システム「ほっと」

 


所在地:〒352-0004 埼玉県新座市新座市大和田4-13-17
TEL/FAX 048-479-3799
メールアドレス:fukusinetniiza※jcom.home.ne.jp
(※を@に変更してご連絡ください)